おやすみ、タロウ

 

今朝の空

今朝、猫のタロウが死にました。

 

お客さまが到着すると、なでてもらいにやってくるタロウ

春の庭、夏の庭

秋の庭のタロウ

冬の夜、家人の帰りを待って、雪上散歩に出かけ

冷えたらぬくいところで温まり

樹のぼりをして降りられず、途方にくれたことも。

時には後輩の指導をしたり、ほっといたり。

日向でぬくぬくして

今年1月、最後の散歩。

 

ありがとね。タロウ。

おやすみなさい。

◆◆

2017年1月30日朝8時、猫のタロウが旅立ちました。推定15~6才でした。

この1ヶ月間はほとんど餌を口にせず、ほぼ水だけで頑張っていました。

タロウは、亡くなった老婦人から縁あって託され、4年前にこのペンションにやってきた猫です。

まるで人の気持ちや言葉がわかるかのような、やさしい不思議な猫でした。

いまごろは、懐かしいおばあさんに再会して、だっこしてもらってるかな。

ゆっくりおやすみ、タロウ。

ありがとね。

 

 

2017年1月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : pension